持ってて安心アイピル

アイピルを通販でお得に購入する方法をご紹介します。

アイピルの通販

アイピルは日本でも認可されているジェネリック医薬品ですが、海外の薬なので、日本では購入することができません。

購入する方法としては、「輸入代行業者」の通販サイトで可能です。

輸入代行業者とは、販売ではなく、薬を購入する手助けをする業者のことを言います。

例えば自身で薬を輸入しようとすると、関税手続きや消費税の手続きなどが必要で、それには語学力や輸入についての知識が必要になります。そうなると、けっこう大変ですよね。

しかし、個人輸入代行業者は、難しい手続きなどすべてを代行して請け負ってくれるので、ほしい商品を伝えて待つだけで手に入れることができるのです。

ただし、届くまでには2週間前後かかってしまいます。アイピルは事後72時間以内に服用しなければならない為、「まだ届いていない」、なんてことにならないよう、事前に購入しておくことが必要です。

アイピルを通販で購入する方法

アイピルを通販で購入する際は、楽天やアマゾンなど通常の通販サイトでは、購入できません。

これは、アイピルは医薬品にあたるので、日本の薬事法上、そういったサイトで販売することが禁じられているからです。

しかし個人輸入代行会社なら、薬事法にかかることなく、薬を手に入れることができます。

ただし、あくまでも「輸入代行会社」であって、販売ではなく、アイピルを購入にあたっての手続きなどのお手伝いをしているだけの会社なので、薬の効果や効能、飲み方などは、ご自身で事前に調べて注文する必要があります。

その他にも、「購入した薬は他社へ販売したり、譲ってはいけない」、「効果や副作用は、理解したうえで自己責任となる」などなど、購入するにあたって、薬事法で定められたルールがいくつもあり、個人輸入代行サイトではそれに従って購入をサポートするようなサイトになっています。

海外の薬ですから、輸入代行業者を利用するにしても、「商品が届かないのではないか。」「偽物を販売しているのではないか」「違法なものを取り扱っているのでは?」など、たくさんの不安がありますよね。

確かに、輸入代行サイトを利用する際は、信頼できる「サイト選び」も大切だと思います。

また、サイトによって、商品の品ぞろえや対応しているサービスなども違うので、 よりお得で品ぞろえがよく、親切なサイトを選びたいものです。

口コミで人気なのは、「お薬110番」という通販サイトです。

ここでは、商品はすべて正規品を取り扱っていて、郵便局の追跡サービスで商品の発送状況も自身で確認できるため、「注文した品が今どこにあるか」と不安にならずに済みます。

また、問い合わせ対応も日本人スタッフが日本語で対応してくれます。

他サイトによって、外国人が片言で対応しているところもあるそうなので、何かあった時は安心できますね。

購入方法はいたって簡単です。サイトにて、「アイピル」の商品を買い物かごに入れて購入を進めるだけです。ピルを病院でもらう際は処方箋などが必要になりますが、通販であれば必要ありません。

しかし、購入の際には会員登録が必要になり、その際に、個人情報の記入が必要です。

届け先住所や名前、年齢などを記入していきますが、その際に、住所に少しでも不備があったり、偽名や購入者本人でない方の名前や、不備がある状態で記入して注文してしまうと、商品が届かない可能性が高くなりますので、注意が必要です。

しっかりと個人情報は確認した上で、登録を進めてください。

その後は、通常通り注文を確定し、お支払いを済ませ、あとは商品が届くのを待つだけです。

通販で購入するメリット

いくつかあるアフターピルの中でも、アイピルは通販でしか購入できないので、慣れてない方には少し不便かもしれませんが、通販で購入することのメリットはたくさんあります。

■処方箋が不要

病院で薬をもらう際は、まず病院に行き、診察を受けて、処方箋を受け取り、それにより薬を処方してもらいますよね。

しかし、通販であれば、処方箋が必要ありません。病院に行かなくて済むので、気軽に購入できるわけですね。

■いくつかまとめて購入できる

病院で処方されるアフターピルはほとんど1回1錠のみしか処方がされません。しかし、通販であれば、いくつかまとめて購入することもできます。アイピルは副作用で吐いてしまうこともある為、いくつかまとめて注文しておいて、吐いてしまったとき用に、予備として持っておけるので、安心ですね。

また、病院で処方してもらったアフターピルを飲み切ってしまって、今回の分がない!と焦らない為にも、通販でいくつか購入しておいて、持ち歩いておくとよいでしょう。

■人目を気にせず購入できる。

病院に行くと診察の履歴や領収書などが残ってしまうので、「家族や知り合いにアイピルを処方してもらったことが知られたらどうしよう。」、「人目が気になる。」というような心配があるかと思います。

しかし、通販サイトで購入すると、病院に行く必要が無い為、人目を気にせずに購入できますし、お届けの際にも、商品名の記載をしないなど、中身がわからないように配慮がされているので、誰にも知られずに、購入することができます。

■格安で手に入る

病院で処方されるアフターピルよりも、価格がかなり安く済みます。

例えば病院で処方されているアフターピルは「ノルレボ」というお薬ですが、そのジェネリック医薬品が「アイピル」です。

成分自体はどちらも同じ成分ですが、「ノルレボ」は、かなり高額で、病院で処方してもらうと1回1錠12000円~ほどかかってしまいます。

しかし、「アイピル」なら、通販で1回1錠1200円ほどで購入できます。10倍ほどの差がありますね。

■局留めできる

通販で購入するメリットとして、局留めができることが挙げられます。

同居の家族や恋人が荷物を受け取ってしまっては困る、家を空ける時間や日にちが長い方など、自宅の最寄りの郵便局に局留めで届くようにしておけばいい訳です。

そうすれば、自宅ではなく、局留めを希望した郵便局に直接届けられますし、保管期間も通常よりも長くなるため、安心です。

通販で購入する際の注意点

通販で購入することはとても便利ですが、いくつか注意点があります。

それらに注意しながら、購入しましょう。

■届くまでに時間がかかる

通販サイトはあくまで個人輸入のお手伝いをする業者なので、在庫を持っているわけではありません。

そのため、注文が入った時に、商品を持っている国に発注をかける形となり、届くまでに1週間~2週間前後かかってしまいます。

また、急な税関の込み具合やセキュリティー強化により、さらに遅延してしまうことも。

アイピルは行為後すぐに服用しなければなりませんが、注文してすぐに届くわけではないので、注意が必要です。

■薬の効果や副作用は自分で調べなければいけない

通販サイトは薬事法上、薬の効果や服用方法など、薬にかかわる詳しい情報を伝えることは禁じられています。そのため、自身でインターネットなどを活用して調べなければなりません。

また、なにかあった時は、全て自己責任になります。

■使用する本人のみしか購入できない

あくまで、注文者本人が使用するというルールがあります。

その為、転売目的や他の人に使わせる目的などで注文してはいけません。

■1回に注文する量が多すぎると、税関で引っかかってしまうことがある

確かに、通販サイトであれば、まとめ買いが可能ですが、1回に注文する量が多すぎると、税関の審査に引っかかってしまい、商品を届けられなかったり、届くまでに時間がかかってしまうことがあります。

あくまで使用者本人が使用することを目的としているため、短期間に一人で使用するには多すぎる量を注文するのは好ましくありません。

■未成年は購入できない

先にも述べたように、使用に当たっての責任はお客様自身になります。

そのため、未成年が購入することはできません。他にも、未成年の未発達の体には、成人よりも負担がかかってしまう恐れがあります。

■代金引換ができない

お支払い方法は、海外からの発送のため、代金引換ができません。

ほとんどが、クレジットカード決済、コンビニ払い、銀行振り込みでのお支払いです。

産婦人科での処方

アイピルは日本では認可されていない為、国内のクリニックで処方してもらうことはできません。

クリニックで処方してもらえるとしたら、「ノルレボ」というお薬です。

もともとアイピルは、ノルレボのジェネリック医薬品なので、成分は同じです。

しかし、クリニックでノルレボを処方してもらうのと、通販でアイピルを買うのとでは、

かなり金額が違います。ピルは、どちらも保険適用外となってしまう為、高額となってしまいますが、

病院で処方してもらうノルレボが診察料も含めて12000円前後かかってしまうのに対し、通販で購入するアイピルは1200円ほどで購入できます。

また、予約なしですぐに受け付けてくれるクリニックならいいのですが、事前に予約が必要だったり、既にいっぱいでその日診察を受けられなかったりすることもあります。

さらにアフターピルを処方してくれるクリニックはとても少ないです。どんなクリニックなら処方してくれるのか。

それは「母体保護法指定医」に指定されているクリニックです。

クリニックに行って処方してもらいたいのなら、アフターピルを処方してくれて予約不要または予約が取りやすいクリニックを事前に探しておく必要があります。

他にも、クリニックで処方してもらう場合は、ほとんど1回1錠のみしか処方してもらえないというデメリットがあります。

アイピルは効き目はありますが、その分副作用もあるので、副作用で吐き出してしまった時の予備を持っておくことができません。

その為、もし吐き出してしまった場合、再度、クリニックへ行き、処方してもらわなければなら無い為、アフターピル服用のタイムリミットを気にして焦ってしまうかもしれません。

しかし、しっかりと診察で説明を受けた上で処方してもらえるので、初めてピルを服用する方には安心かもしれません。

また、もし予約の空きがあり診察を受けることができれば、病院に行った当日に薬を受け取ることができるというのも、緊急時にはありがたいですね。

アイピルは通販がお得(まとめ)

もし、アフターピルが必要なら、クリニックで処方してもらうよりもやはり通販で購入する方がお得で手軽だといえるでしょう。

①届くまでに数日から数週間かかるので前もって注文しておくこと。

②副作用や飲み方などについて事前に調べ、理解しておく。

この2点にさえ気を付けていれば、クリニックで処方してもらうアフターピルよりも圧倒的に安く、しかもまとめていくつか購入することもでき、プライバシーも守られるのは、通販ならではだと思います。